三井住友銀行カードローンの限度額は年収で決定?増額は可能?

三井住友銀行カードローンの限度額の決定は年収がポイント

三井住友銀行カードローンなどのカードローン会社を利用するために、避けて通れないのが審査です。審査には各カードローン会社に共通している審査基準もあれば、そのカードローン会社独自の審査基準が存在する場合もあります。そんな中で、カードローン会社の審査結果や利用限度額の決定に重要な影響を及ぼしているものの1つが、申込者の年収です。

 

三井住友銀行カードローンの契約限度額を確認するには?

三井住友銀行カードローンでは、契約極度額が10~800万円となっていますが、三井住友銀行カードローンと契約をすれば、必ず10~800万円まで融資をしてもらえるわけではありません。そもそも契約極度額の10~800万円というのは、三井住友銀行カードローンの商品そのものの限度額のことです。そのため、三井住友銀行カードローンで800万円超の融資を受けられる利用者は誰もいません。そして、契約者が借入できる限度額を決めるには、契約極度額の800万円を上限とした上で、いくらに設定するのかが審査によって決定されます。

 

このように三井住友銀行カードローンでは、

  1. 1.商品自体の最高限度額
  2. 2.契約者が借入できる

 

最高限度額の2種類が存在します。
よって、現在借りられる限度額は2.の金額ですが、ゆくゆく借りられる可能性のある金額は1.の金額までです。
また、自分の限度額がいくらなのかは、申し込み後の審査通過のお知らせとともに、電話やメールで限度額が通知されます。また、利用中に限度額を確認するためには、三井住友銀行ATMからローンカードを利用することにより限度額を確認することができます。その他にも、インターネットバンキングを利用している場合は、サイト上からも確認でき、三井住友銀行カードローンの問い合わせフリーコールからも確認することができます。

 

三井住友銀行カードローンは審査で限度額と金利が決定する?

SMBCモビット、アイフル、プロミス、アコムなどの大手消費者金融業者では、審査に通過するまで何パーセントの金利がつくのか、正確な利率が分かりません。しかし三井住友銀行カードローンの場合は、限度額に応じた金利幅で借入利率が決まります。
たとえば、限度額が100万円以下だった場合、金利は12.0~14.5%の間で設定され、限度額が100万円超200万円以下だった場合には金利が10.0~12.0%の間で決まります。このように限度額が高くなるほど金利は下がっていきます。よって、契約極度額である700万円超~800万円以下になると金利は最低金利である4.0~4.5%になるというしくみです。

 

カードローン初回契約時の限度額は低い?

三井住友銀行カードローンでは、契約極度額10~800万円と高額なため、「初回の申し込みから高額融資ができるのでは?」と期待してしまいがちです。しかし、一般的に初回契約時というのは、申込者の返済の実績がないため、まだ申込者に対して大きな信用があるとは判断しかねている段階です。そのため、初回の借入限度額は低めに設定されるケースが多いようです。

 

三井住友銀行カードローンの限度額がいっぱいになった場合にはどうすれば良い?

三井住友銀行カードローンで借入の限度額がいっぱいになってしまった場合、それ以上キャッシングすることはできません。そのため、限度額以上にお金を借りたい場合には、他社のカードローンを利用して借入を行なうなどの手段があります。しかし、もともと利用している三井住友銀行カードローンで設定されている限度額の枠を増やす、限度額増額という方法もあります。

 

三井住友銀行カードローンの限度額を増額する方法

三井住友銀行カードローンの限度額を増額するためには、利用者が増額申請を行なう必要があります。増額申請はローン契約機、もしくは三井住友銀行カードローンプラザに電話して申請を行ないます。増額申請を行なう前提として、最低でも三井住友銀行カードローンと半年以上の取引があり、なおかつ、過去に滞納などのトラブルを起こしていないことが最低条件となります。

 

カードローンの限度額を増額する理由は審査に関係する?

三井住友銀行カードローンに限らず、カードローン会社では、増額申請のタイミングで、「増額を希望している理由」について聞かれます。そしてこの「増額を希望している理由」は、増額審査に大きく影響しています。増額の理由として「家電などの大きな買い物をするため」や「学費にあてるため」などの理由であれば、特に問題はありませんが、「他社の借金を返すため」などの理由は、返済トラブルの可能性があると判断されかねませんので注意が必要です。

 

三井住友銀行カードローンの限度額まとめ

今回は、三井住友銀行カードローンの限度額に関して調べて下記のような結果が出ました。

  • 三井住友銀行カードローンでは、契約極度額は10~800万円だが、利用者によって限度額は違う
  • 三井住友銀行カードローンでは、契約極度額は高額だが、初回の借入時は限度額が少額な場合が多い
  • 限度額まで利用した場合、増額申請をすることも可能だが、審査通過には厳しい条件がある

三井住友銀行カードローンの契約極度額10~800万円は、とても魅力的ではありますが、誰でも最初から800万円の限度額で借入がわけではありません。限度額を増やしていくためには、利用業者と何度も取引をしながら、信頼を得ていくことがポイントです。

三井住友銀行カードローンの契約極度額は10~800万円とカードローン最高クラスです。
10万円単位で借入できるので、むやみに高額融資を受けなくてもすみます。
年収証明が必要となるのは300万円超であり、一般的な方は本人確認書類を用意すればOKです。

具体的な限度額に対しては個別に設定されます。
極度額は10~800万円まで対応していますが、この額を無条件で借入できるわけではありません。
申込者の返済能力を考慮して、個別に限度額が設定されるのです。
三井住友銀行カードローンは総量規制の対象外のため、極度額まで際限なく借入できると考える方もいますが、最終的に銀行側の判断により限度額が決まります。
借入利率は極度額に応じて設定される仕組みです。
高額を借りるほど利率は下がりますが、借入残高が増えるので必要額を超えて借りるのはおすすめできません。

ご利用極度額は増額または減額されることもあります。
健全な利用を続けることで信用が構築されれば、増額交渉に応じてくれるようになります。
増額に際しては審査があるので、通過できなければ不可となります。
また、遅延を繰り返すといった信用を落とす利用を続ければ、極度額を減額される可能性もあります。
事前連絡なしで減額されるため、あるとき急にお金を借りられなくなるわけです。
緊急時の入用でパニックにならないためにも、普段から健全な利用を心がけましょう。

安全に三井住友銀行カードローンを利用するためには、自分自信で安全な借入額を決めることが大切です。
例えば、100万円を借りられるだけの信用力があるとしても、無理に限度額を大きくする必要はありません。
ローンを利用するときは、返済するときのこともよく考えましょう。
100万円を借りるのは一瞬ですが、完済するまでコツコツと返していくのは楽ではありません。
常に返済を意識して利用すれば、失敗することはないでしょう。
借入可能額を借りるのではなく、無理なく返済できる範囲内で借りるようにします。
女性は男性と比べて返済の遅延が少ないですが、これは事前に自分自信の返済能力を把握してから借りているからです。
たまたま忙しくて返済を忘れてしまうことは誰にでもありえます。
しかし、返済するお金がなくて遅延するようなら、ローンの使い方が間違っているのです。
三井住友銀行カードローンの申し込みをする前に、自分にとって無難な限度額を把握しておきましょう。
家計シミュレーションも行い、毎月確実に返済に回せる金額を知っておくことも大切です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る