女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

三井住友銀行カードローン|借金を減額できるかも!?

三井住友銀行カードローンの契約極度額は、返済能力に見合った金額となります。
審査で精査されるのは、返済可能かどうかの1点なのです。
銀行側としても消費者が返済不能な金額を融資しても、回収することはできません。
ギリギリ返済できる金額ではなく、余裕を持って返済できると思われる金額が極度額として設定されるのです。

三井住友銀行カードローンは、健全な利用を続けていると増額が可能です。
契約直後の増額は無理ですが、延滞せずに利用を続ければ増額審査に応じてくれるようになります。
増額をするときは増額審査があるので、誰でも無条件で増額できるわけではありません。
銀行が不可と判断すれば、増額はされないのです。

カードローンは一度契約すると、減額はされないと考えている方は多いでしょう。
これに関しては事実ではなく、三井住友銀行カードローンの利用においても減額されることがあります。
現在の融資額では完済が難しいと判断されれば、減額されることになります。
ここで注意をしたいのは、減額のお知らせはこないことです。
あるとき急に極度額が少なくなっており、追加で借入できない状態になることがあります。
ローンに依存した生活を送っていると、肝心なときに借入できなくて困ることになります。
減額をされるケースには、複数回または長期の遅延もあるのです。
遅延が当たり前の状況は、そのほとんどが故意ではありません。
返済をしたいけど、返済不能な状況に陥っていることがほとんどです。
三井住友銀行が従来の極度額では返済不能に陥る可能性があると判断すれば、極度枠を引き下げてくることはあります。
事前連絡なしに枠が減らされるので、普段から信用を落とすような使い方はしないことです。
ローン契約は信用の元に成り立っています。
審査を受けるときは属性をチェックされますが、これは信用力を調査するのが目的です。
安定年収のある公務員の方でも、過去に複数の遅延があるようならば信用は低くなります。
今後、他の金融機関でローンを組むことも考慮し、遅延は絶対にしないように注意しましょう。

三井住友銀行カードローンを安全に利用するには、借りたお金は少ない回数で完済することです。
理想的な返済回数は1回であり、次いで2回、3回となります。
回数が少ないほど借入日数は減りますから、利息の節約になるのです。
利息を減らしたいならば、次回の給料日で一括完済するのがおすすめです。
賢く利用している方ほど、長期的な借入はしないものです。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る