三井住友銀行カードローンの返済方法と返済額

三井住友銀行カードローンは毎月いくらからの返済が可能?

三井住友銀行のカードローンを契約する上で、「どのように返済していくことになるのかわからない」といった人もいるでしょう。こうした返済方法は消費者金融や銀行によって様々ですが、三井住友銀行カードローンでは借入額によって返済額が決まっています。例えば、約定返済時の借入額が2千円から10万円以内であれば返済額は2000円となります。基本的には借入額が多ければそれだけ返済額も比例して増えていくことになります。こうした返済額を正確に知るためにも、公式サイトの返済シュミレーションを利用することもおすすめです。こちらを利用すれば毎月の返済額だけでなく、全額返済にかかる期間なども知ることが出来ます。

 

三井住友銀行カードローンの返済は3種類から選択可能

三井住友銀行カードローンの返済方法はATM、振り込み、口座振替の3つの方法から選択できます。どれも一長一短ありますが、やはり便利なのがATMによる返済です。とはいえ、場合によっては振り込みや口座振替の方が適していることもあります。そんな返済方法についてより詳しく見ていきましょう。

 

ATMでの返済

最もポピュラーなのがATMからの返済です。ATMであれば深夜でも問題なく返済できます。これは他の返済方法にはない大きな利点になっています。利用できるATMは三井住友銀行の店舗のATM、イーネット銀行等に設置してあるコンビニATM、ゆうちょ銀行のATMの3つがあります。また、ゆうちょ銀行のATMの場合、普通預金キャッシュカードによる返済はできないこともポイントです。

 

振込での返済

インターネットバンキングを契約している場合、こちらから振り込みをして返済することもできます。その際、振込手数料がかかるのが注意点です。インターネットバンキングであれば自宅・携帯から返済できますが、他にも利点が多いので契約しておくと良いでしょう。

 

口座振替での返済

事前に口座を登録しておけば、口座振替による返済も出来ます。これは指定の期日までにカードローン口座に入金されなかった際に、自動的に指定した口座から引き落とし返済されるものです。また、引き落とし金額が借り入れ利息未満の場合には、追加の借り入れができなくなります。

 

三井住友銀行カードローンの返済日は?いつまでの入金が必要?

返済期限日は毎月の5日、15日、25日、月末から選ぶ事ができます。そのため、給料日に応じて返済日が柔軟に選びやすくなっています。返済日までに返せないと追加借り入れができなくなることもありますので気をつけましょう。また、後述する随時返済も可能です。

三井住友銀行カードローンは一括返済や随時返済も可能?

ボーナスが出た場合などには、一括返済をして一気に返済額を失くすこともできます。とはいえ、この際にはしっかりと返済額について確認しておく事が大事です。全額返済額は利息などによって変わってきますから、カードローンプラザに電話をして正確な返済額を知っておくことが必要なのです。また、随時返済についても解説しましょう。これは余裕が有るときに返済をすることができるものです。基本的にいくらからでも返済できますが、利息金額以上の入金が求められます。このように返済方法には随時返済や一括返済など、色々な方法がありますから、場合によって最適な方法を使い分けていくと良いでしょう。

 

三井住友銀行カードローンは硬貨での返済はできる?

完済間際の際には端数が残ってしまうことがあります。こういった際には硬貨が使えるATMを利用すると良いでしょう。また、硬貨が使えないATMしか身近にない場合には、銀行振込による返済をすれば問題ありません。とはいえ、銀行振込による返済は手数料が発生するのがデメリットです。また、もしも必要以上に返済してしまった場合には、カードローン口座の返済用預金口座に余剰金が入金されます。そのため、過度に払ってしまってもお金がなくなることはありません。

 

カードローンは全額返済(一括返済)で利息の節約が可能?

全額返済をするメリットはいくつかあります。まず、利息の負担が軽くなるのがその一つです。全額返済を早めにすればするほど結果的に払う利息は少なくなりますから、それだけお得に返済ができます。他にも、返済のために毎月ATMに行く必要性もなくなります。加えて、借入限度額いっぱいに借りれるようになる点も利点でしょう。また、毎月の返済に追われるよりも、一度に全額返済をしてしまった方が精神的にも楽なはずです。このように利点が多いですから、なるべく全額返済を狙って見るようにすると良いでしょう。

 

返済回数・返済金額が知りたいなら返済シミュレーションでチェック!

三井住友銀行カードローンを返済する際には次のことに気をつけておきましょう。

  • 月の返済額は借入額に比例して上がる
  • 返済方法はATM、振り込み、振替から選ぶことができる
  • ATM返済であれば夜間帯でも返済できる
  • 振り込み返済はネットバンキングを利用しているならば利用可能
  • 振り込み返済時には手数料がかかる ・一括返済や随時返済も可能になっている
  • 全額返済時には返済額を正確に知っておこう
  • 全額返済をすればよりお得に完済することができる

また、総返済額や返済期間を詳しく知りたいのであれば、記事で紹介した返済シュミレーションを利用することもおすすめです。利用はもちろん無料ですから、返済時の計画を建てるためにも利用しておくと良いでしょう。

カードローンの会員になってお金を借りると、毎月決められた日に決まった金額を返済していかなければなりませんが、三井住友銀行カードローンでは借りたお金の返済についてはどのような仕組みになっているのでしょうか。
三井住友銀行カードローンの返済額は、約定返済日の時点での借入残高によって変わります。返済額は、借入残高と利息の合計が1万円未満であればその合計金額が返済額となり、1万円以上50万円以下の場合は10,000円が返済金額となります。以降、借入残高が500万円を超えるまでは残高50万円ごとに、残高が500万円を超えている場合は残高100万円ごとに返済金額が5,000円加算されていきます。返済額の最高は借入残高が700万円超800万円以下の場合で70,000円となります。毎月の返済金額は約定返済日までに入金されていれば問題は無く、返済金額を超えてカードローン口座にお金が入っている場合は預金として取り扱われます。ただし、普通預金とは異なり、入金したお金に利子がつくことは無い点と、電気やガスなどの公共料金の支払いや、クレジットカードで品物を購入した時の代金の引き落としなどに使用することはできない点に注意が必要です。
また、三井住友銀行カードローンでは、会員の随時返済も受け付けています。お金に余裕があるときに、ATMやインターネットバンキングなどを利用して返済を行うと、早く借入残高を減らすことができ、約定返済日における返済金額を少なくすることが可能となります。随時返済をする場合に注意が必要なのは、必ず利息を上回る金額を入金しなければならないことと、約定返済を兼ねることは不可能であることです。約定返済日の後に随時返済でいくらかお金を返済しても、次の約定返済日は繰り越されることなく必ずやってくるので、それまでに少なくとも約定返済金額に相当する分はカードローン口座に入金しておかなければなりません。
返済額の入金の目安となる約定返済日は5日、15日、25日、月末の中から選択することができます。ただし、期日は三井住友銀行カードローンの会員申し込みを行う際に決める必要があり、一度決めた後は変更することはできません。これから三井住友銀行カードローンの会員になろうとしているのであれば、自分が置かれている状況を考慮しながら、無理なく返済を継続させられるように約定返済日を決め、計画的にお金の借り入れと返済を行いましょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る