女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

三井住友銀行カードローンの返済期間は自分で決められますか?

三井住友銀行カードローンは、金利も最大で14.5%と低めに設定されていて、最大800万円の高額融資を快適に利用する環境が整っていると言えます。ただし、それだけでも十分魅力的といてるカードローンではあるのですが、更に「返済期間・返済方法」を意識して利用していくことができれば便利さが増します。

返済期間を意識するという意図は、「完済までに必要な返済金額を少しでも少なくする」という目的です。これは仕組みを説明する必要があるので順に紹介していきます。

まずは金利の仕組みを理解することが大切です。金利とは、まず前提として「一年間(12か月)で発生する利息および手数料などの総額」を指しています。別名「実質年利」と呼ばれているのはその為です。つまりは、一年間利用した場合を想定することで利息額を把握することができるのですが、分母が小さくなればなるほど利息も少なくなっていくので「返済が楽になる」わけです。一年間というベースがある為、契約当初は「年間利息が10万円かかる」という状況だったとしても、半年で完済してしまえば半分程度の利息で抑えることができます。つまり、「返済回数が少なくなればなるほど、支払う利息も少なくなる」という事になっていきます。

これを利用すると、本来は14.5%の金利を支払うことになるのですが、実際には最小金利である4.0%程度の利息額に抑えることも可能になります。その為には返済回数を減らすという事が必須となる為、必然的に一回ごとの返済金額を増やさなければいけなくなります。最終的な負担は大きく減少するにせよ、一回ごとの負担を増やし過ぎてしまうと破たんの一因となってしまう可能性があるので十分な注意が必要です。

また、返済方法に関してもしっかりと意識する必要があります。例えば、専用ATMや口座振替などを利用している場合には何の負担も無く利用することができますが、コンビニATMを利用すると手数料が発生すると言った違いがあります。手数料と言っても一回ごとに発生する金額は100円や200円程度なので意識しないという人も多いのですが、取引ごとに手数料が発生するという事は最終的に大きな金額になり得るという事です。毎月一回ずつの利用なら年間で1200円、2回なら2400円と言った具合で増えていきます。契約が10年になれが数万円以上の負担をしているという事になってくるため、返済の負担は増えてしまうことになります。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る