三井住友銀行カードローンの自動契約機の営業時間・場所を調べる方法!

三井住友銀行カードローンは全国の自動契約機で申込可能!

三井住友銀行カードローンは、インターネットでの契約のほか、三井住友銀行や大手消費者金融のプロミスの店舗内に設置されている「ローン契約機(ACM)」という自動契約機からの申し込み契約が可能です。

 

三井住友銀行カードローンの自動契約機へ向かう前に確認!

自動契約機で、すぐに申し込みができる三井住友銀行カードローンですが、事前準備をしておくことで、よりスムーズに申し込みができます。

 

まずは、必ず本人確認書類などの必要書類をそろえておきましょう。
また、スピード重視の方は、自動契約機に行く前に、三井住友銀行カードローンの公式ホームページ上でネット申し込みをしておくと、店舗での待ち時間を省略することもできます。

 

また、審査に通過し、契約を行なう時には、無人機にて手書きでの契約書の記入が必要になります。
その時に、職場の連絡先や住所も記入することになりますので、書類にスムーズに記入できるように事前にしっかり調べておきましょう。

 

カードローンは事前にネット申込で審査通過までを行っておく

直接、自動契約機での申し込みも可能ですが、インターネットから事前申し込みをしておくことで、各店舗内の自動契約機に向かっている間にも審査をすすめてもらえます。
そのため、店舗での待ち時間を短縮することができてとても便利です。
急いでいる方にはこの方法がおすすめです。

 

店舗へ行く前に必要書類を確認

契約時には、写真付きの本人確認書類である運転免許証やパスポートなどが必要です。しかし、本人書類に不備があった場合には、対応してもらえない可能性があります。直接店舗に行く前に、あらかじめ書類を確認しておくことで、書類の提出不備を防ぐことができます。住所などに変更がないか、前もってしっかりチェックして用意しておくようにしましょう。

 

自動契約機で必要な書類について

自動契約機で契約をする場合には、本人確認書類として、氏名、生年月日、住所、顔写真付きの身分証明書が必要になります。運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付き)などがこの条件にあてはまる本人書類になりますので、いずれか1部を必ず持参しましょう。

 

三井住友銀行カードローンの自動契約機の営業時間・場所を調べるには

三井住友銀行カードローンの自動契約機の営業時間は9:00~21:00※契約機により営業時間、休日が異なります。
また、詳しい自動契約機の営業時間や場所などの情報は、インターネットの三井住友銀行カードローン公式サイトから検索できます。

 

三井住友銀行カードローンの無人契約機で契約する流れ

三井住友銀行カードローンの無人契約機で契約をする流れとしては、まず自動音声ガイドに従い、タッチパネルを操作して、必要事項を入力し、本人確認書類をスキャンします。その後契約書類が出てくるので、手書きで記入して、自動契約機に提出します。そして、設置されている電話機でオペレーターの案内を聞き、カード発券機にてカードを受け取り完了です。基本的には自動音声ガイドの案内でステップを踏んでいけば問題はないので誰でも安心して契約が可能です。

 

キャッシングをネット申込なしで自動契約機で申し込んだ際の審査・在籍確認は?

三井住友銀行カードローンで、自動契約機のみで申し込みををする場合にも、追って審査結果が通知されます。
ただし、自動契約機の営業時間である21時ギリギリに受付をした場合や、勤務先が平日のみの営業で土日はお休みなどの場合には、在籍確認が行なえずに、翌日以降に審査が持ち越しになってしまうケースもあります。

 

お急ぎの方は、勤務先の在籍確認が、申し込み当日に確実に行なえるのか、日時をしっかり確認し、18時くらいまでに余裕をもって申し込みを始めるのが理想的です。

 

三井住友銀行カードローンの無人契約機で融資までにかかる時間は?

三井住友銀行カードローンを無人契約機で契約手続きした場合は、審査に通り契約を済ませ、ローンカードを受け取れば借り入れができます。

 

ただし、審査通過には、必ず勤務先が営業しており、電話での在籍確認ができるという前提があります。
そして、なるべく午前中のうちにインターネットにて申し込みを行い、審査通過後に自動契約機で専用のローンカードを受取りましょう。

 

カードを受け取れば、三井住友銀行ATMや提携先であるセブン銀行、ゆうちょ銀行、ローソンATM、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、サークルKサンクスなどのイーネットATMが設置されている全国のコンビニからキャッシングが可能となります。
(別途利用手数料や時間外手数料は利用者負担となります。)

 

三井住友銀行カードローンの自動契約機まとめ

今回は三井住友銀行カードローンの自動契約機について調べて下記の結果がでました。

  • 三井住友銀行カードローンの自動契約機では申し込みからカード発行まで可能
  • 事前にネット申し込みをしておくと、審査の待ち時間が短縮できる
  • 必要書類に不備があると時間がかかるので事前の準備をしっかりしておく

三井住友銀行カードローンの自動契約機は、ネットの申し込み方法などと組み合わせることによって、よりスムーズに申し込みから融資までを行なうことができます。
ただし、書類に不備があると余計な時間がかかってしまうので、前もってしっかりと準備をおこない、手続きをすることが大切です。

カードローンを申し込む場合、店舗の窓口で申し込みの手続きをすることが一般的な方法です。 三井住友銀行カードローンの場合、三井住友銀行の本支店窓口でも申し込みできますが、自動契約機での申し込みもできます。 自動契約機は、三井住友銀行本支店内およびSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの店舗に設置されています。 三井住友銀行カードローンは、事業資金以外であれば、使い道も自由に使うことができます。 申し込みには、運転免許証、パスポート、個人番号カードなどご本人様確認書類のコピーを用意する必要があります。 300万円を超える希望額の場合には、現在の収入が確認できる書類のコピーが必要です。 自動契約機は個室のようになっているため、他の人の目を気にすることなく利用することができるので安心です。 また、操作は必ず自身で行う必要があり、画面と音声の案内に従うだけで、初めてでも簡単に手続きを進めることができます。 申し込みの内容に基いて、三井住友銀行ならびに保証会社による所定の審査が行われます。 申し込みを進めていくと審査が始まるので、その場で審査結果を確認することができます。 審査は最短30分で完了するため、審査により手続き可能な場合には契約の手続きが始まります。 三井住友銀行の普通預金キャッシュカードをすでに持っている場合は、普通預金キャッシュカードでの利用も選ぶことができます。 ただし、カードローンの返済用預金口座に指定する普通預金キャッシュカードでの利用が条件になります。 その場合、カードローン口座に返済用預金口座として自動的に登録されます。 三井住友銀行の普通預金キャッシュカードを持っていなくても、カードローン専用カードを自動契約機で受け取ることができます。 三井住友銀行に口座を持っていてインターネットバンキングからの申し込みなら、契約から融資までWEB完結も可能です。 契約の手続きが完了したら、発行されたローン専用カードで三井住友銀行のATMをはじめ提携先ATMで利用することができます。 提携先ATMには、イーネットATMやローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATMなどがあります。 三井住友銀行のATMや上記の提携先ATMの場合、ATM利用手数料や時間外手数料は無料になります。 その他にも提携金融機関のATMも利用できますが、別途提携金融機関所定のATM利用手数料や時間外手数料がかかります。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る