女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

三井住友銀行カードローンの自営業・個人事業主の借入審査について

三井住友銀行カードローンは個人事業主・自営業でも審査に通る?

資金不足に陥ることも多い個人事業主や自営業者の方にとって、手軽に利用できるカードローンは非常に強い味方になり得ます。しかし、個人事業主・自営業者の方の場合、今回取り上げる三井住友銀行カードローンを利用することは可能なのでしょうか。結論から申し上げておくと、三井住友銀行カードローンは、下記の申し込み条件さえ満たしていれば個人事業主や自営業者の方でも利用することが可能です。ただし、原則資金使途自由のカードローンですが、事業性資金としては利用出来ない点には注意が必要です。

 

三井住友銀行カードローンのカードローンの申込条件

三井住友銀行カードローンを利用するための条件とは以下の2つです。

 

1.安定した収入があり、三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
2.お申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方

 

そこまで厳しい条件は設定されておらず、一般的な消費者金融と同じような条件設定だと言えます。また、保証会社として挙げられているSMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、プロミスのブランド名でキャッシングサービスを提供しています。過去にプロミスで返済を遅延したことがある方などは、審査通過できない可能性があります。

 

三井住友銀行カードローンは個人事業主・自営業でも安定した年収があればOK!

上記の申し込み条件から分かるように、三井住友銀行カードローンを利用するにあたって、年齢・収入による制限こそあるものの、職業による制限はありません。
したがって、個人事業主・自営業の方であっても、安定した収入があり利用対象年齢内であれば申し込むことは可能です。金融機関によっては、個人事業主・自営業の方では利用できない場合もあるので、大手銀行である三井住友銀行カードローンを利用できるのは非常にありがたいと言えるでしょう。

 

個人事業主・自営業だと必要な書類が違う?

三井住友銀行カードローンの申し込みを行う際には、本人確認書類を提出しなければなりません。
本人確認書類として利用できるのは、運転免許証(変更事項がある場合には両面とも)・パスポート・顔写真付きの住民基本台帳カード・個人番号カードのうちいずれかです。
また、収入証明書類としては給与明細書(発行日が3か月以内のもの)・確定申告書・源泉徴収票・税額通知書・納税証明書・所得証明書が利用できます。これは、個人事業主や自営業の方でも同じです(自営業の方は給与明細書はないでしょうが)。申し込みの準備段階で、あらかじめこれらの書類を用意しておくと、手続きをスムーズに進めることができるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンは個人事業主・自営業の審査は厳しい?

個人事業主・自営者の人が申し込みを行う際に注意しておきたいポイントは「個人事業主・自営者の人は、公務員やサラリーマンの人と比べると、収入の安定性に欠けると判断される傾向にある」ということです。基本的に自営業者の方の年収というのは、給与所得者の方と比べると波があることが多いです。そのため、審査の際に行われるスコアリングでも、信用度が少し下がってしまいます。審査通過はしたものの、借入可能額が希望額に届かないこともあるでしょうし、もしくは、そもそも審査に通過できないという可能性もあります。銀行の審査基準は公開されていませんが、同じ年収の自営業者の方と企業勤めの方がいた場合、自営業者の方のほうが審査通過率が低いのは間違いありません。

 

三井住友銀行カードローンは事業資金としては利用不可!

また、冒頭でも少し触れましたが、三井住友銀行カードローンは資金使途自由のカードローンですが、事業資金としては利用不可です。「個人事業主・自営業でも融資を受けられるんだから、事業資金として利用してもいいだろう」と勘違いされてしまうかもしれませんが、気をつけておきましょう。個人事業主・自営業の方が、事業資金の融資を受けたい場合には、ビジネス専用のローンを利用する必要があります。三井住友銀行でも「ビジネスセレクトローン」という、事業融資専門のローンを取り扱っていますし、大手消費者金融でもカードローンの他に、事業性ローンのサービスを行っています。ビジネスローンを取り扱っている金融機関では、高い確率でカードローンも一緒に取り扱っているため、資金使途に応じてカードローンとビジネスローンを間違えずに申し込むようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの個人事業主・自営業の方の審査まとめ

個人事業主・自営業者の方が三井住友銀行カードローンを利用する際にチェックしておくべきポイントは以下のような点です。

  • 個人事業主・自営業者の方でも三井住友銀行カードローンは利用可能(ただし事業性資金としては利用不可)
  • 申し込みに際しては、年齢・収入の2つの条件を満たせばOK
  • ただし審査は厳しめに行われる傾向あり
  • 事業性資金の借り入れを行いたければ、カードローンではなく専用のビジネスローンを利用

三井住友銀行カードローンは、事業性資金には利用できなくとも、その便利でスピーディな融資が個人事業主・自営業者の方を助けてくる場面はきっとあるはずです。

三井住友銀行カードローンは、三大メガバンクである三井住友銀行が発行するカードローンです。金利は4.0%~14.5%、最高限度額は800万円という好条件です。さらに、最短30分の審査でカードを即日発行してもらえるという消費者金融にも劣らない審査スピードです。

一般に、金利などの条件が良いカードローンほど審査は厳しくなる傾向がありますが、三井住友銀行カードローンの場合には三大メガバンクという知名度と信頼度も加わるので、さらに審査は厳しいものとなるかもしれません。

三井住友銀行カードローンの申込み条件は、「満20歳以上満69歳以下で、原則安定した収入のある方」となっているので、パートやアルバイトでもこの条件を満たしていれば申込みは可能です。自営業者や会社経営者の人ももちろん可能です。

自営業者の場合、職場に固定電話がない場合には、在籍確認をクリアできない可能性があります。携帯電話のみでも営業することはできますが、一般的に携帯電話は固定電話に比べて信用が落ちます。金融機関によっては固定電話がない自営業者はそれだけで断られることがあります。

固定電話を持っている方なら、問題なく在籍確認はクリアできるでしょう。場合によっては前年度の確定申告書など、事業を行っていることを証明できる書類の提出を求められることもあります。

自営業の人がカードローンの審査で不利になると言われている理由は、事業失敗のリスクを100%負っていることにあります。給与所得者ならば原則として加入している雇用保険に加入していませんし、退職金という制度もありません。また、年金は国民年金になりますし、健康保険も国民健康保険になります。事業に失敗した場合や病気で働けなくなった場合、セーフティーネットがないので一気に収入がゼロになってしまう可能性があります。

このような理由から、正社員はもちろん、派遣社員や契約社員よりも自営業の人は不利であると言われています。しかし、三井住友銀行カードローンの審査では年収、勤務形態、勤続年数、勤務先情報、年齢、居住形態、個人信用情報、他社からの借入状況などのポイントが総合的に影響してきますので、勤務形態という1つの項目で不利になっていても他の項目で挽回できます。

三井住友銀行カードローンでは、限度額が10万円~800万円と幅広くなっています。高い限度額を借りることは難しくても、限度額10万円~50万円程度ならば借りられる可能性は十分にあります。普段からクレジットカードやローンの支払いで延滞をしないように気をつけておき、自分の収入に見合った金額を借りるようにすれば審査に通る可能性は高いです。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る