三井住友銀行カードローンのメリットとデメリットをまとめてみた

三井住友銀行カードローンは好条件となっていますが、だれが利用してもメリットがあるというわけではありません。

 

三井住友銀行カードローンのメリットとデメリットを解説し、どういった人に向いているかを考えてみたいと思います。

 

三井住友銀行は三大メガバンクの1つです。
この知名度と信頼度の高さはメリットであると言えます。

 

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%、極度額は10万円~800万円です。
銀行カードローンとしては平均的な金利ですが、消費者金融と比べると大きな金利の差があります。
50万円を金利14%で借りて、毎月2万4千円を返済していくと、完済までおよそ2年かかり、支払う利息は約7万6千円です。

 

50万円を金利18%で借りて、同じく2年で完済した場合、支払う利息は約9万9千円です。
金利の差が4%違うだけで2万3千円もの差が生まれています。

 

金額が高くなればなるほど、返済期間が延びるほど、わずかな金利差でも支払う利息に大きな差が生まれます。
消費者金融ではなく銀行カードローンで借りるメリットはここにあります。

 

銀行カードローンであるにもかかわらず消費者金融にも劣らない融資スピードもメリットの1つです。

 

逆にデメリットですが、その知名度の高さと好条件のために高い人気があり、その分審査が厳しくなっていることです。
どんなに魅力的なカードローンであっても、審査に通らなければ使えませんから、審査に通らない人にとってはデメリットに感じるでしょう。

 

また、1~2万円程度の少額な融資を受けるために利用する人も多いかと思いますが、そういった使い方をする場合には金利の低さを実感しにくいというのもデメリットと言えるかもしれません。
給料日前に2万円程度を借りて、翌月に一括で返済した場合、金利の高い消費者金融で借りても利息にたいした差は生まれません。
少額な融資を受ける場合には、消費者金融との差がほとんどないと感じることでしょう。

 

また、2万円程度の少額な融資を受ける場合には、手数料がネックとなります。
ATMからの借入と返済で手数料がかかってしまっては、利息よりも手数料のほうが大きくなってしまうことがあります。
それならば、ATM手数料が無料の消費者金融で借りたほうが良かったということになります。

 

三井住友銀行カードローンの場合、コンビニATMなど、手数料無料で利用できるATMは多数あるのであまり心配はいりません。なるべく手数料無料の方法で利用しましょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る