女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

三井住友銀行カードローンに年会費はかかりますか?

三井住友銀行カードローンを利用するために必要な費用というのは、原則として借りたときに支払う利息のみです。ですから、無駄な手数料を支払う必要はありません。三井住友銀行がカードローンのサービスを提供し始めたのは最近のことだと言えるでしょう。もともと、カードを使ってATMでお金を借りら得るサービスはキャッシングと呼んでいて、消費者金融が積極的に提供していたサービスです。キャッシングを提供していた時代からそうなのですが、利息以外に手数料を支払う必要はありません。

個人向けの無担保の融資を消費者金融が提供し始めた頃には、利息以外に手数料を支払うこともありました。例えば、入会金を支払わなければならなかったり、年会費を支払わなければならなかったのです。それが消費者にとっては敷衍な事だと言われるようになったのです。というのも、サービスが有利なのかどうかを判断しにくかったからです。

金利が3%で年会費が2,000円というケースと、金利が3.5%で年会費が1,000円というケースを比較すると、これはどちらが有利なのでしょうか。もちろん、借入金額によっても異なりますし、借入期間によっても異なりますから一概には言えません。一般消費者にとって、そのどちらが有利なのかを判断するのは非常に難しいでしょう。このようなこともあって、業界全体として利息以外の手数料は要求しなくなったのです。そのため、現在では金利を比較することによって有利なものを簡単に選べるようになってきたと言えるでしょう。金利が5%の場合と6%の場合とを比較すると、5%の方が有利だと言うことは誰にでも分かることです。

このような背景があって、個人向けの無担保の融資については、年会費が無料になっています。三井住友銀行カードローンもその例に漏れず、無料で利用できます。つまり、契約期間に応じて支払う費用は全くなくて、借りたときにのみ支払わなければならないと言うことですから、借りなければ支払う必要はありません。また、借りた金額に応じて支払えば良いのですから、あまり支払いたくないのなら、借りる金額を小さくするといった工夫もできます。

三井住友銀行カードローンでは年会費がかかりませんし、また入会に際して入会金や事務手数料も支払う必要はありません。ですから、口座開設をするだけならお金は一切かからないというメリットがあります。いざというときのために、口座開設だけしておくのも良い方法です。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る