三井住友銀行カードローン|年率の計算方法とは

三井住友銀行カードローンの金利は契約極度額によって違いがあります。例えば、100万円以下の場合、年率で12.0%から14.5%となっています。100万円を超えて200万円以下の極度額の場合には、10.0%から12.0%となっています。このように、契約している金利に一定の幅があるのですが、これは変動金利だからです。消費者金融などの場合には固定金利で契約をすることが多いです。

銀行がローンを提供するときには、金利タイプとして固定金利と変動金利の二つから選べる場合が多いです。固定金利とは、最初に契約をしたときの金利がずっと適用されるタイプです。住宅ローンなどではよく用いられていますし、キャッシングなどでも消費者金融は良く採用しています。金利は市場によって決まりますから、常に変動していると言えるでしょう。この市場の変動に合わせて変化するタイプのものが変動金利です。

三井住友銀行カードローンで契約極度額が100万円以下であれば、12.0%から14.5%となっていますが、これは市場の金利動向によって変化することを意味しています。範囲が決められていますから分かりやすくて良いのですが、この範囲で変化することは知っておくべきでしょう。

100万円を超えて200万円以下なら10.0%から12.0%となり、200万円を超えて300万円以下までは8.0%から10.0%となります。このようにして、契約極度額が大きくなれば金利が低くなりますで。そして、700万円を超えて800万円以下の場合には、4.0%から4.5%とまで低くなります。銀行のカードローンは金利が低いと言われることが多いですが、この年率での数字を見ればその低さに驚くのではないでしょうか。

ですから、三井住友銀行カードローンに申し込みをするときには、希望する契約極度額は大きく申請しておいた方が良いでしょう。例えば10万円しか借りる予定がないの人であっても、800万円と希望するのは自由です。もしも希望通りに極度額を大きくできるのなら、低い金利で借りることができるのですから、この方法を利用しない手はないでしょう。

このように金利杯h九九なっていくわけですが、さらに低くすることもできます。三井住友銀行で住宅ローンを組んでいる人の場合、金利はさらに1.0%引き下げられます。ですから、最低の金利は、3.0%から3.5%となります。ここまで低くできるのなら、非常に魅力的でしょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る