女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

三井住友銀行カードローンの必要書類まとめ

三井住友銀行カードローンの申込に必要な書類

三井住友銀行カードローンは各種サポートが充実していることが魅力です。
銀行カードローンの中でも手軽に利用できますから、初心者の人にもおすすめなのが三井住友銀行カードローンなのです。

 

運転免許証がない場合の本人確認書類

運転免許証がない場合でも他の書類を提出すれば大丈夫です。
三井住友銀行では運転免許証以外にも、パスポートや個人番号カードなどを認めています。また、住民基本台帳カードも顔写真付きのものであれば問題ありません。
このように認められる証明書は多いですが、健康保険証だけでは借入審査申込はできません。以前は保険証だけでも借り入れ可能でしたが、法改正によって今では出来なくなっています。
保険証しかない場合には加えて住所を確認できるような書類の提出も必要になりますから注意しておきましょう。もしも不明な点がある際には気軽にフリーコールに電話してオペレーターに聞いてみると良いでしょう。

 

三井住友銀行カードローンで必要な収入証明書類

契約手続きを行う上で収入証明書として認められる書類には色々なものがあります。まず、最もポピュラーなのが源泉徴収票でしょう。
もし手元にない場合には、市役所が発行する所得証明書を利用することになります。発行には費用がかかりますから注意しておきましょう。

 

他にも、給与明細書も認められる可能性があります。給与明細の場合には直近2~3ヶ月分が必要です。また、個人事業主の人であれば納税証明書もしくは住民税決定通知書などを利用することになります。これがない際には確定申告書の写しでも大丈夫なことがあります。

 

このように認められる書類は多いですが、給与明細などは認められないこともあります。そのため、不明な場合には直接コールセンターに電話してみるのも良いでしょう。

 

三井住友銀行カードローンの必要書類の提出方法

ローンカードの受け取り方・契約書類の提出方は「郵送」もしくは「ローン契約機」などから選べます。郵送の場合、契約書類とローンカードが自宅まで郵送されてきます。契約書類に必要事項を記入し、本人書類と一緒に送り返す必要があります。もしも審査に受かれば最初に送られてきたローンカードが使えるようになります。この方法だとカードが使えるまで数日かかりますから、直ぐにカードを使いたい人には不便でしょう。一方、店舗などに設置してあるローン契約機はもっとスピードが早いです。ローン契約機を利用する際には、本人確認書類を持ってローン契約機に行きます。ローン契約機で契約手続きを完了し審査に受かったらその場でカードを受け取ることができます。実際、このカードはかなり便利ですから、即日融資を受けたい際にはカード契約機が重宝するはずです。

 

三井住友銀行カードローンの利用までの流れ

カードローンを開設するまでの流れについて、更に詳しく見ていきましょう。
まずインターネットや自動契約機などから契約申込の手続きをします。この際には個人名・勤務先の名前や住所、現在の職業や収入について記載する必要があります。このように記載項目が多いですから、契約前に確認しておくと良いでしょう。特に忘れてはいけないのが勤務先の電話番号です。
この後に審査がありますが、午前中に申しこめばその日の内に結果を知ることも可能になります。また、土日に申し込んだ場合、会社が営業していなくて在籍確認ができないことがあります。この際には月曜に在籍確認が行われます。無事審査に受かったらローンカードを受け取って手続きは完了です。もしも預金口座や銀行口座を三井住友銀行で解説している場合、そのキャッシュカードですぐに利用ができます。借り入れはカードを使って行いますが、このカードはコンビニATMやゆうちょ、提携金融機関などで利用可能です。

 

三井住友銀行カードローンの必要書類まとめ

  • 本人確認書類としては運転免許証などが認められる
  • 収入証明書としては源泉徴収票や所得証明書の提出が必要
  • 申込は郵送もしくはローン契約機から選べる
  • ローン契約機であれば比較的すぐに融資もしやすい
三井住友銀行カードローンは、10万円から最大で800万円まで借り入れができますし、金利も4.0%から14.5%のため、上限金利も他の金融機関と比べて抑えられていますので、とても人気があります。 三井住友銀行カードローンの申し込みをするには、条件があります。まず、年齢は満20歳以上から69歳以下の方で、安定した収入がある場合に、申し込みをして審査を受けることが可能になります。 必要書類の詳細については、このようになります。本人確認のできる書類は、運転免許証やパスポート以外に、顔写真付きの住民基本台帳カードも利用できます。 収入が確認できる書類については、発行日が3ヶ月以内の給与明細書、直近の源泉徴収票、税額通知書、納税証明書、所得証明書等の納めるべき税金が発生したり、支払ったことが分かった書類や、確かに収入を得ていることが判明する書類が必要となります。 自営業者の場合は、直近に提出した確定申告書の控えでも構いません。 申し込む際の手続きには、インターネット回線や専用の契約機の利用、従来の手続き方法に多い電話や郵送、窓口でも受け付けができます。 ただ、急ぐ場合には、パソコンやスマートフォンから三井住友銀行カードローンの専用のサイトから申し込むか、契約機の利用をした方が早く審査が行えます。審査が済むまで最短で30分程度で済む場合があります。 また、即日で借り入れをしたい場合には、契約機から申し込み、契約、ローンカードの受け取りまでを行うか、インターネットで申し込み手続きをした後に、契約機からローンカードを発行するか、いずれかの方法をとることで、迅速に手続きを進められます。 三井住友銀行の銀行口座を保有していて、インターネットバンキングを利用している方の場合は、専用のメニューから申し込みをするだけで、契約から融資まで、インターネット上ですべての手続きを行えます。 しかも、最も手早く借り入れ手続きを行うなら、事前に三井住友銀行の口座を開設し、事前にインターネットバンキングの手続きを済ませておくといいでしょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る