三井住友銀行カードローンと消費者金融の違いとは?

金銭的に困ったときには、消費者金融などから融資を受けることを検討する人もいるでしょう。
ただし、それぞれのカードローンごとに設定されている金利は異なっていますので、融資を受ける前にしっかりと確認しておくことが重要です。

 

消費者金融が運営しているカードローンの場合には、平均的に上限金利は18%あたりに設定されています。
それを考えたときには銀行のカードローンを利用したほうが、低金利で融資を受けることができるメリットがあります。
低金利で融資を行っているところとして、三井住友銀行のカードローンをおすすめできます。

 

三井住友銀行カードローンでは、年率で4.0%から14.5%の融資が行われていることから、消費者金融と比較するとかなりの低金利を実現しています。
三井住友銀行カードローンでは、電話や店頭、ローン契約機、ホームページ上からの申込方法が用意されていますので、利用者にとって使いやすい方法を選択できます。
申込みの手続きを済ませると、すぐに審査が開始されて、審査の回答については電話やメールで送られてきます。
郵送やローン契約機に行くことで、借り入れの契約を完結させることが可能で、カードを受け取ることができます。
カードを受け取ることによって、ATMから手数料無料で融資を受けることが可能になります。
三井住友銀行の口座を持っている人の場合には、インターネットバンキングが利用できるようになりますので、ネット上で借り入れができます。
三井住友銀行の口座があれば、インターネットバンキングの他にも、口座引落の方法によって支払いができるようになりますし、ホームページにログインすることで借り入れの利用状況の確認が可能です。
また、公共料金などの引落先として三井住友銀行の口座を指定しているときに、残高が不足した状態になった場合に自動的に融資をしてもらえるサービスが利用できます。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る