三井住友銀行カードローンから郵送物は送られてきますか?

三井住友銀行カードローンはローン契約機なら自宅への郵便なし

家族に内緒で借入したいと思っている場合、契約後の郵便物でバレる不安があります。
三井住友銀行のカードローンなら、ローン契約機を使えば契約書類の郵送無しで手続きを完結できます。またローン契約機でローンカードを受け取れるため、自宅に郵送物が届く心配もありません。

 

三井住友銀行カードローンからどんな郵便物がある?

三井住友銀行カードローンを申し込んだ場合、郵送される可能性がある書類は「キャッシュカード・契約書・滞納通知書」の3つです。ローン契約機以外で申込を行った場合、キャッシュカードの受け取り方法を選択できます。このとき「郵送での受取」を選択すると、契約内容記載書類とキャッシュカードが郵送されます。自宅に郵便物を届けたくない場合は、受け取り方法を「自動契約機での受取」にしておきましょう。このようにすることで、キャッシュカードや契約書類の郵送を防ぐことができます。また、返済期間を守らず滞納が長期間続いた場合、催促状や滞納通知書が届く可能性があります。そのため返済期日は必ず守るようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンからの郵送物の差出人名は?

アコムやプロミスでは家族の方に内緒で借りている方のために、郵便物の差出人名には消費者金融名を記載しないようにしています。銀行系の三井住友銀行カードローンの場合は、三井住友銀行名義で郵送物が届きます。「それでは、家族にバレる危険があって困る...」と思う方も多いかもしれません。三井住友銀行の場合、そのように思う方に安心してもらうために、事前に郵送物の送付是非を確認することになっています。そのため、ローン自動契約機でキャッシュカードを受け取り、書類の郵送を不要にしておくとことで自宅に書類が届くことはありません。

 

三井住友銀行カードローンから電話連絡はある?

またカードローンに申し込んだ場合、三井住友銀行の担当者から電話がかかってくるタイミングが4つあります。まず、申込を行った直後です。このときは希望連絡先に指定した電話番号に「申し込み内容確認」の電話がかかってきます。希望先の電話番号を携帯に設定しておくと安心です。次に審査に通過し融資が決定した場合です。このときも、申込者が指定した連絡先に電話がかかってきます。一方、在籍確認では登録した勤務先会社に電話がかかってきます。このとき担当者は、借金が職場の人に知られないように銀行名ではなく個人名を名乗ります。本人が不在でも在籍が確認出来れば大丈夫です。電話をかけた理由についても話さないことになっているため安心です。また、返済が遅れている場合も電話がかかってきます。このとき最初は携帯電話にかかってきますが、不在が続くと自宅の固定電話に催促の電話がかかってきます。そのため、三井住友銀行からの電話にはなるべく早く出るようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンは取引明細の郵送はある?

三井住友銀行カードローンは取引明細の郵送を行っていません。そのため、明細が届くことを心配する必要はありません。明細はインターネットバンキングサービスで確認ができます。ただし、ご返済日にカードローン口座に返済金額が入金されていない場合、催促状や滞納通知書が届く可能性があります。返済用預金口座を決めていると、カードローン口座の残高が不足している場合に、返済用預金口座から自動で引き落とすことも可能です。そのため、心配な方は返済用預金口座を指定しておくのがおすすめです。

 

三井住友銀行カードローンはWEB完結申込も可能?

すでに三井住友銀行の口座を開設している場合、インターネットバンキングでWEB完結申し込みができます。WEB完結申し込みはインターネットで必要事項を入力するだけで完了します。
直近でキャッシングが必要な場合にも対応できるスピードが魅力です。

 

WEB完結申込にはデメリットがある?

このように来店不要で融資可能というメリットが多いWEB完結申し込みですが、デメリットがあります。
まず、WEB完結申込を行った場合、利用できるATMが減ります。ローン専用カードでは「三井住友銀行ATM」「コンビニATM」「ゆうちょATM」「提携金融機関ATM」のすべてを利用できます。一方で普通預金キャッシュカードの場合は、「ゆうちょATM」と「提携金融機関ATM」が利用できません。また、現在使用している普通預金口座とローン口座の使い分けができなくなるという噂もあります。そのため、家族に通帳を見られて借金がバレる可能性を心配される方もいます。こちらについて、三井住友銀行のカスタマーサポートに確認したところ、普通預金口座とカードローン口座は別になることが確認できました。ただし、普段使用している普通預金口座を返済用預金口座に指定すると、カードローン返済日にカードローン口座の残高が足りなかった場合に普通預金口座から自動で返済されます。

 

三井住友銀行カードローンで郵送物なしで契約するポイント

最後に郵送物についてポイントをまとめておきます。

  • ローン契約機でカードと契約書を受け取れば、書類は自宅に郵送されない
  • 返済期日をすぎて滞納すると、催促状が届くため注意する必要がある
  • 電話連絡は「本人確認・在籍確認・審査結果・返済催促」のタイミングで行われる
  • 口座を持っている場合スピードが速くWEB申込ができる
  • WEB完結申込では、利用できるATMが減る

三井住友銀行カードローンは銀行系のため消費者金融系と比べて、審査は厳しめですが実質金利も低く返済しやすいのが特徴です。自動契約機を使うことで書類が自宅に届くことも避けられるため、家族に内緒で借りたい場合におすすめです。

どのようなカードローン、クレジットカードもそうですが、自動契約機で契約した場合を除いてカードの郵送が必ず必要になります。 カードは書留で送られてくることになります。 独り暮らしをしている人は特に気になりませんが、家族と暮らしている人の場合は借金をしようとしていることが家族にわかってしまうこともあるのです。 郵送物があるかどうかを気にする人も結構いますが、最近のカードローンは郵送という手段を取らなくても良いようなものが増えてきています。 三井住友銀行カードローンもそのようなカードローンの一つです。 三井住友銀行カードローンは審査を通過して契約となった場合、カードの受け取り方法を郵送かローン契約機で選択することができます。 本人が確認できる運転免許証やパスポートなどを持参してローン契約機へ行きましょう。 ローン契約機は三井住友銀行内に設置されています。 この契約機はSMBCグループの消費者金融であるプロミスでも同じものを利用することができます。郵便による受取の場合は、本人を確認できる書類を最初に送る必要があります。不備がなければカードが発行になりますが、カードの受取までに時間がかかってしまいます。すぐに利用したい場合はローン契約機を選択すると良いでしょう。ローン契約機には電話やスキャナーが設置されていますので、オペレーターと会話をしながら手続きを進めていくことができます。
契約後に郵送物がないか気にする人もいますが、通常通りATMで利用していれば特に何か郵便が届くようなことはありません。しかし少しでも返済が遅れてしまうようなことがあると、催促状が届くことになります。催促状は事務的に郵送されてしまいますので、自宅に郵便物が届くのが嫌な場合は必ず返済期日までに支払いをするか、自動引き落としにしておきましょう。三井住友銀行カードローンはリボルビング返済方式ですので、利用残高によって毎月の支払額が変わってきます。新たに追加で借入を行った場合は返済額が増えることもありますので、十分注意しておきましょう。もし限度額に余裕がある場合、最悪借入をして一時的に返済を延期することも可能です。延滞を繰り返しているとカード自体が使えなくなってしまいますので、返済のために借入れることもときには必要な回避手段です。延滞があると他社との契約時にも不利になることがあります。他のカードの契約をする予定がある場合も、注意しておきましょう。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る