三井住友銀行カードローンの在籍確認は電話?

三井住友銀行カードローンの在籍確認の内容

カードローンの在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に本当に在籍があるのかを確かめるためにカードローン会社側が行なう確認行為のことです。基本的に電話での在籍確認を行なうところが多く、申込者が申し込み時に記入(回答)した勤務先の電話番号に、申込者宛てで電話がかかってきます。キャッシングなどの融資を受ける場合には、三井住友銀行カードローンに限らず、どこのカードローン会社でも必ず在籍確認を行ないます。

 

離席中でも在籍確認は大丈夫?

離席中に在籍確認の電話がかかってきた場合、勤務先の人々が電話対応をすると思いますが、基本的には本人が不在の場合でも、在籍の確認がとれれば問題はありません。そのため「◯◯さん(申込者の名前)はいますか?」という問いに対して「◯◯は席を外しています」や「◯◯は本日お休みを頂いています」など、職場に在籍していると判断ができれば、在籍確認が完了します。

 

在籍確認に自分が出たら何を聞かれる?

在籍確認の電話連絡に自分が出た場合、「〇〇様でお間違いないでしょうか?」や「◯◯様ご本人ですか?」などと、フルネームで名前を確認されて終了です。基本的に住所や生年月日など、その他の詳しい情報などを聞かれることはありません。そのため周囲の同僚などにカードローン会社からの電話だとバレることもなく安心です。

 

三井住友銀行カードローンの在籍確認はいつ?

三井住友銀行カードローンの申し込みをすると、まずは仮審査が行なわれます。審査に通過し、本人確認書類を提出後に勤務先への在籍確認が行なわれます。

 

銀行カードローンは保証会社が在籍確認の電話連絡をする?

銀行系のカードローン会社は消費者金融業者などとは違い、保証会社が別で存在します。そのため、銀行カードローンの場合は銀行が直接在籍確認を行なうのではなく、保証会社が在籍確認の電話をしてくるケースが多いようです。

 

在籍確認で職場にカードローンはバレる?

三井住友銀行カードローンは、申し込みの確認電話の時に、「銀行の社名」で電話をかけるか「個人名」で電話をかけるのか申込者の希望を聞いてくれます。そのため、基本的に個人名を名乗ってもらえば、職場の人達に「クレジットカードの契約のための在籍確認だ」などの理由を説明することができます。また、銀行名で電話がきた場合でも、「住宅ローン」や「住所確認」などと説明ができるので、どちらを選択してもカードローンだとバレることはまずないでしょう。

 

三井住友銀行の審査は厳しい?在籍確認で落ちることはあるの?

これは、三井住友銀行だけではなく、銀行系カードローン会社全般的にいえることですが、銀行系のカードローン会社はSMBCモビット、プロミス、アイフル、アコムなどの大手消費者金融系カードローン会社に比べて、「金利が低い」、「限度額が高め」という特徴があります。
よって、消費者金融よりも審査項目が多いという特徴があります。そのため、審査基準は、消費者金融よりも審査が厳しくなっています。また、たとえ仮審査に通過できたとしても、在籍確認の結果によっては否決されてしまう可能性もあります。否決される原因として、たとえば在籍確認の電話の時に、「◯◯(申込者の氏名)という人はいません」や「個人的な連絡は回答できません」などと電話口の対応者が回答してしまうと、在籍確認がとれず。信用不安で否決となってしまう場合があります。

 

三井住友銀行カードローンの申し込み条件

三井住友銀行カードローンの申し込み条件は『お申込時の年齢が満20歳以上満69歳以下の方、原則安定した収入のある方、三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会牡)の保証を受けられる方、お使いみちが事業性資金以外の方。』となっています。そのため、たとえ契約社員やアルバイトなど、正社員以外の非正規雇用者の方でも安定した収入があれば、申し込み手続きが可能です。

 

専業主婦の在籍確認は?

三井住友銀行カードローンは、専業主婦の方の申し込みは残念ながらできません。これは、先ほど説明したカードローンの申し込み条件である「安定した収入のある方」という条件を満たすことができないためです。よって、主婦の方でもパートなどで安定した収入のある方であれば、申し込みが可能です。そしてパートの場合も、勤務先であるパート先に在籍確認の電話がきます。

 

転職したら在籍確認は再度必要?

もしも転職などで職場が変わった場合には、利用者の情報が契約時と変わりますので、カードローン会社に勤務先の変更を届ける必要があります。また、職場が変わったタイミングで、三井住友銀行カードローンと、ある程度の借入や返済の取引履歴がある場合には、基本的に再度在籍確認をすることはないとされています。しかし、場合によっては在籍確認をする場合もあるようなので、完全に在籍確認がないとはいいきれません。
ある程度の借入や返済の取引実績があり、実際に新しい勤務先を正直に申告している場合は、収入証明書類である給与明細書などの再提出を求められることはあっても、在籍確認の再連絡はほぼないと思って大丈夫です。

 

三井住友銀行カードローンの在籍確認まとめ

三井住友銀行カードローンの在籍確認について調べ下記のような結果がでました。

  • 在籍確認は、電話にて仮審査の後に行なわれる
  • 在籍確認は本人不在でも可能。また本人が電話に出た場合にはフルネームを確認される
  • 申し込みの確認電話時に「銀行名」か「個人名」のどちらでかけるか選ぶことができる
  • 三井住友銀行カードローンの定める一定の条件を満たせば、申し込みができるが、消費者金融より審査基準が厳しい
  • 申し込み後に転職などで契約情報に変更が合った場合には、速やかに申告すること。基本的に転職先への在籍確認はない

 

銀行系のカードローンは消費者金融より敷居が高いイメージがあり、在籍確認も心配な方が多いと思いますが、基本的に銀行側の求める条件を満たし、ポイントさえ抑えておけば、スムーズに審査を通過できます。そのためにも事前にしっかりと用意しておきましょう。

在籍確認はカードローンやクレジットカードの契約をするうえで、欠かすことのできない確認作業です。 在籍確認は申告している年収の裏づけにもなります。 逆に在籍確認が取れないと、申告している収入が本当にあるのかどうかわかりません。 三井住友銀行カードローンの場合、最短で即日融資ができる数少ない銀行系のカードローンとなっています。銀行によって審査速度に違いがあるのは、保証会社の審査能力の違いにあります。 三井住友銀行は銀行グループ内に消費者金融であるSMBCコンシューマーファイナンスがあります。 SMBCコンシューマーファイナンスと聞くと聞きなれない人もいるかもしれませんが、プロミスと言えばたいていの人は知っているくらい知名度の高い消費者金融です。 三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスなので、無担保ローンの審査が非常に早くなっているのです。 申込をして仮審査を通過した場合は本人確認や在籍確認が行われます。それぞれ自宅と勤め先にかかってくることになりますが、三井住友銀行の場合、銀行名を名乗るか個人名を名乗るか選択することができます。 銀行からの電話ですぐにカードローンの契約だと思う人はあまりいないかもしれませんが、他の人に銀行から電話があったことを知られたくない場合は個人名でかけてもらうように頼んでおきましょう。 会社への確認の場合は必ずしも本人が出る必要はありません。そのとき不在や休日だった場合でも、所属していることさえ確認できれば確認作業は完了します。 大きい会社の場合、代表の番号ではなく自分の部署の番号を記入しておくと良いでしょう。違う部署に電話がかかってきても確認が取れないケースもあるためです。 土日にも審査は行っていますが会社が休みだと確認ができません。その場合は即日融資は難しくなってしまいますので、注意しておきましょう。 金融機関によっては会社に電話が存在しない、電話対応できる人が常駐していないなどの理由で在籍確認が取れない場合でも、給料明細のコピーや保険証の提出によって手続きを進めてくれるところもあります。 もしどうしても電話による確認作業が難しい場合は相談してみると良いでしょう。 ただし必ずしも希望にそってくれるとは限りません。三井住友銀行カードローンは銀行に預金口座を持っていなくても契約することができます。 ただし利便性を考えると銀行口座を持っていたほうが使い勝手はよくなります。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る