女性に嬉しいカードローン特集

女性カードローンへ
すべて女性スタッフが対応!主婦やOL必見の女性専用カードローンとは?

詳細を見る!

プロミスに年齢制限はある?カードローンの申し込み条件

プロミスの年齢制限は何歳?

プロミスに申し込み出来る年齢は、20~69歳の方です。
しかしながら、安定した収入のある方に限ります。
逆に、主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方は、申し込みをする事が出来ます。

※主婦・学生・フリーターの方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

プロミスのカードの特徴は?プロミスの特集ページはこちら

 

申込条件を満たしているかは審査シミュレーションですぐ分かる!

プロミスの公式サイトでは、「3秒診断」というツールが設けられています。
プロミスから融資を受ける事が可能かどうか、簡易的に判断出来るツールです。
生年月日、年収、他社からの借入金額の状況の3項目を入力するだけで、素早く簡易的に審査結果の診断をする事が可能です。
本審査と違い履歴などが信用情報に残るわけではないので、安心です。

 

>>プロミス公式サイトで3秒診断する

 

プロミスの審査|年齢以外のチェック項目はなに?

カードローンの審査では、主に次の様な項目が確認されます。

  • 年齢
  • 勤務先、雇用形態及び勤続年数
  • 収入
  • 家庭環境
  • 居住形態、年数
  • クレジットカードの利用履歴や他社からの借入状況

 

とりわけ、クレジットカードの利用履歴や他社からの借入状況は、今後の取引を行う上で、信頼が出来るかどうかを判断する上で非常に重要な項目となっています。
しかし、重く考える必要はありません。
これまでのクレジットカードの利用において、遅延を繰り返したり、滞納したりした事はないという人は大丈夫です。

 

もう1点重要な項目としては、雇用形態です。
雇用形態としては、やはり正社員である事が高評価となります。
尚、勤務先で高評価となるのは、公務員もです。

 

カードローンの審査に年齢はそれほど関係ない?

カードローンの審査の中で、年齢という項目は特に大きな影響はありません。
つまり、年齢が上だからといって、評価が大きく上がるわけではないということです。

 

ただ、年齢に関しては、基本的に歳を取っていれば取っているほど、高い評価につながるケースが多いです。
特に、長く同じ職場に勤めていて、年齢も上なら給与も職場も安定していると見られます。
但し、注意頂いたい点としては、30歳を過ぎていて、これまでクレジットカード等を持った事がない、キャッシングをした事がないという人はよい評価はつきません。
なぜなら、これまで金融取引がない人なので、金融取引における信用面が判断出来ないといった理由からです。
ですが、だからといってカードキャッシングの審査に通らないというわけではないので安心してください。

 

カードローンの審査で収入は最も重要?

また、カードローンの審査では、収入の多さは貸付上限金額の決定に影響されますが、融資の可否については大きく影響しません。
プロミスとしても、長く融資を行い、確実に回収が見込まれる利用者と契約したいのです。そのため、収入に関しては「多さ」よりも「安定性」が求められるのです。
もちろん、収入が多い事に越したことはありませんが、審査では「安定性」が重視される事をご認識下さい。

 

プロミスの年齢制限|学生・高齢者は申し込みできる

学生のキャッシング申込条件

プロミスは学生の方でも申請が可能ですが、バイトなどをしていても20歳未満では融資の対象外です。
。学生の場合でも、審査項目に差はありません。
要するに、安定した収入を得ているかが鍵となります。
但し、多額の融資は望めないでしょう。
多くて、限度額は20万円程度になるのが妥当と判断して下さい。
もちろん、プロミスは総量規制の対象なので、その面からみても少額での契約となるでしょう。

プロミスと総量規制の関係について

 

パートやアルバイトで得た収入を証明する事が必要ですので、給料明細等は予め準備しておきましょう。
また、パート、アルバイト先に在籍確認があります。

カードローンの在籍確認について詳しくはこちら

 

高齢者のキャッシング申込条件

年齢制限は69歳までのため、定年退職した方でも申し込みは可能です。
しかしながら、年金受給のみでは収入と認められない事が多いです。
消費者金融のみならず、銀行や信用金庫でも年金受給のみでは貸付を行っていない事がよくあります。
逆に、年金受給のみの方に貸付する制度が、一部の信用金庫にありますので、その様な条件に該当する方は、信用金庫等を調べてみましょう。

 

プロミスの年齢確認・本人確認に必要な書類

プロミスの年齢確認及び本人確認の書類として正式に認められているものは次の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート+住民票
  • 健康保険証+住民票

これらの書類が審査、契約に際し必要な書類となります。

 

カードローンの年齢制限は金融機関によって違う?

カードローンを申請出来る年齢制限は、どの金融機関も同じと思っている方もいると思いますが、実は異なります。
確かに、下限年齢は20歳以上という点は変わる事がありませんが、上限年齢は金融機関により、65歳~75歳までといった範囲で、年齢制限設定の違いがあります。
昨今、日本では高齢化に伴い、60歳の定年を迎えても、まだまだ現役で仕事をする人が増えてきています。
今後、ますますこの高齢者の雇用延長は続くと見られており、高齢者でも収入を得る人が多くなってきています。
そんな時代の背景に伴い、カードローンのあり方も変化しています。

 

大手カードローンの年齢制限一覧

では、プロミス以外のカードローンでは、具体的にどの様な年齢制限となっているのでしょうか。
ここでは、大手カードローン会社の年齢制限について調べてみましたので、参考にして下さい。

 

大手消費者のキャッシング申込可能年齢
プロミス 20歳 ~ 69歳
アイフル 20歳 ~ 69歳
アコム 20歳 ~ 69歳
SMBCモビット 20歳 ~ 69歳

 

大手銀行のキャッシング申込可能年齢
三井住友銀行カードローン 20歳 ~ 69歳
みずほ銀行カードローン 20歳 ~ 66歳
オリックス銀行カードローン 満20歳以上69歳未満
新生銀行カードローンレイク 20歳 ~ 70歳
スルガ銀行カードローン 20歳 ~ 70歳

大手消費者金融や銀行では、大体似通った年齢制限設定となっています。
みずほ銀行カードローンオリックス銀行カードローンでは、やや上限年齢が低く設定されています。

 

プロミスの年齢制限まとめ

如何でしたでしょうか?
金融業者により、貸付条件の年齢制限は、色々と異なります。
プロミスの年齢制限では、上限が69歳となっており、定年を迎えた方でも安定した収入がある方の場合は、借入が可能となります。

 

また、年齢の若い方(学生含む)でも、安定した収入を証明する事が出来れば、借入は可能です。
審査では年齢は大きく影響しませんが、年齢が高ければ高いほど、社会的に見て評価が上がると言えます。
他社と比較しても、ある程度幅の広い年齢層に対応しているのが、プロミスの年齢制限の特徴と言えるでしょう。

 

プロミス

プロミスの特徴
  • 最短1時間で即日融資可能※1
  • 借入から返済までWebで完結
  • 30日間無利息サービス※2
  • 簡単3秒診断あり
  • ローンカードあり・なし選択可能

→プロミスのお申込みはこちら

簡単3項目で事前診断!

毎月の返済額をチェック!

>>3秒診断

>>返済シミュレーション

プロミスのスペック

実質年率

限度額

審査時間

融資時間

自動契約機

4.5%~17.8%

最大500万円

最短30分

最短即日※1

あり

※1 お申し込みの時間帯により、ご利用の開始が翌営業日以降となる場合がございます。
※2 メールアドレスとWEB明細利用の登録が必要です。30日間無利息ですが、元金の返済は必要です。また30日間をすぎたら利息が発生します。

プロミスは大手消費者金融のサービスブランド名であり、多くの人々からの支持を受けています。 有名な消費者金融と言う事も有り、申し込みをする時の不安などを軽減してくれますし、比較的審査が早いため申し込みがし易いと言う人も多いのです。 しかし、プロミスなどでお金を借りる場合は、年齢制限などの条件を満たしていなければ、審査が早いと言われていても、審査に通る事は出来ません。 お金を借りる上での最低条件は満たしている事は必須なのです。 プロミスには幾つかのローン商品が用意されており、それぞれ年齢制限が有ります。 プロミスのローンは、目的が自由に選べる※フリーキャッシング、貸金業法に基づくおまとめローン、自営業者が利用出来るカードローン、目的が定められて利用出来るキャッシングローンなどが有ります。 これらはそれぞれ年齢制限が2通りになっているのが特徴です。
※生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。
フリーキャッシングは、年齢20歳以上、69歳以下で、貸金業法に基づくおまとめローンは、年齢20歳以上、65歳以下になります。 また、自営業者が利用出来るカードローンは、年齢20歳以上、65歳以下の自営業者の人が対象で、目的別のキャッシングローンは教育資金や結婚資金と言った目的が決まっている人が利用出来るローンで、年齢制限は年齢20歳以上、69歳以下になっており、65歳以下と69歳以下の2通りに分かれているのです。 尚、どのローンも20歳以上という年齢制限が定められており、成人をしている人で、安定した収入が条件になるのです。

失敗しない!カードローン選びレッスン

ページトップへ戻る